玉川学園大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

お互いに20才です。

出会いのきっかけ

玉川学園大学には昼食を食べたり、勉強したりと自由に使える場所がいくつかあるのですが、私は文系でしたので、近くの文系の人達がよく利用する場所を友達とよく使用していました。

ある日、友達と放課後、パソコンを開いてイヤホンを挿して二人で音楽を聞いていました。
そうすると、友達の男友達が集まってきて、「お、○○じゃん、何してんのー?」と駆け寄ってきた男子が二人いました。
私はこの時点で完全なる初対面ですが、片方はいくつかの授業で見かける顔ぶれ、もう片方はこんな人いたんだ、という感じです。

駆け寄ってきた男子二人と男友達が話す中、私も輪に入っていきます。
「てか○○ちゃん、こんな可愛い子いたんだー。早く教えてよー」とあまり顔見知りでは無い方の男子が私の友達に言いました。

私は心の中で「えっ!?今何て言ったの?私のこと!?」と思い、内心は可愛いと誉められたことに嬉しさと恥ずかしさで溢れていました。

これが出会いのきっかけでした。

どうやってアプローチした(された)?

誉められてから、私も舞い上がってしまったのか、その場でメールアドレスを交換してしまいました。

普段はすぐに交換なんて警戒してしないのですが、その時は、大学生同士ということで安心し、ノリよく交換してしまいました。

その日の夜、メールが来ました。
今日はありがとう的な内容だったと思います。
メールが来たのが嬉しくて、返信しました。

私はマメな方なのでメールは割りとすぐ返事するタイプです。
相手からも返事は割りとすぐに来たと思います。

メールをやりとりし、学校に登校した時に出会した時には挨拶したりして、親しくなっていきました。
最初は挨拶だけでしたが、次第にお互いの教室に行って、お話したり、授業が一緒な時にはわざわざ隣同士の席を選んで交流していました。
ですので、私の学科内では、私達が付き合っていることをほぼみんなが知っていたと思います。

告白はどんな感じでした(された)?

告白としましては、出会った時から1週間くらいで、Skypeという無料で通話できるアプリ内にて「話したいことがあるんだけど、あのね、うーんとね、実は好きだから付き合って欲しいんだ」と言われ、やったー!やっときた!この時を待っていました!と内心思いながら「私も好きです。」と言い、恋人成立しました。

付き合った感想

彼氏と水族館や映画館や花火大会等、色々な場所へデートへ行きました。
花火大会では甚平姿にキュンとしました。

デートで毎回、手を繋いでくれたことにもドキドキとワクワク、そして心の底からの幸せを感じました。

ただ、私も熱中しすぎてしまったせいか、ある日、彼氏から別れを告げられてしまうのです。
付き合っていて、だんだん、彼氏の態度が素っ気なくなりました。

特に、連絡しても返ってこないことが多くなったのです。

どうしよう、このままじゃダメになるかな。
と思っていた矢先に、彼氏の友達から、「とても言いずらいことなんだけど、君の彼氏、こないだ女の子とデートしてたよ。別れを告げるなら君からのがいいんじゃないかな。」と言われました。

私は「彼氏がそんなことするわけない。何かの間違いだよきっと。私のことはまだ好きでいてくれてる。彼氏を信じてみる。」と言いました。

彼氏の友達は「うーん。そっかあ。うーん。」とまるで心残りになるかのような返事をしていました。

その2週間後くらいに彼氏から別れを告げられてしまいました。

そのあとは友達に戻る予定でしたが私が悲しさと怒りで、普通に元彼氏とは接することができず、大学生活において、元彼氏と学校で出くわすとお互いに気まずい苦い思い出にもなってしまいました。

彼氏がイケメンと感じた(彼女が美人と感じた)瞬間!

彼氏は教職を目指していたので勉強を真面目にしていたところ、男友達を大事にしていたところはかっこよくて素敵でした。

そして私が家に招待すると「いいよ、行くよ」と言ってくれたところです。
家に来た時には、飲み物を飲んだコップを、水で洗い流してからシンクにいれてくれました。

小さなことですが、これは大事なことです。
小さな気遣いができる人なんだなと感心しました。

あとで、家に来た時の感想を教えてもらったところ、「本当はすごく怖かったんだ。不安だったんだ。だって君のお母さんに、私の子と釣り合っていないじゃない!と思われるかもしれなかったし。」と言われました。

しかし、そんな素振りを一切見せなかったことに驚きとかっこいいなと思ったのです。

付き合うときの注意点

お互いに20才ということもあり、遊びの盛りだったと思います。
私は大学生という立場でウハウハしていました。

今まで勉強ばっかしてきた私は大学生では絶対、恋愛で花を咲かせるぞ!と思っていたので、舞い上がっていました。
そのせいか、冷静な判断にかけていたのか、付き合って3ヶ月後、彼氏に重いので別れたいと言われてしまい、そのまま別れることになってしまいました。

私はまだ頭がお花で、今思えば、彼氏とくっつきすぎ、学校内でもイチャイチャしすぎ、別れたあとはお互いに挨拶さえかわさず、熱しやすく冷めやすいカップルになってしまいました。

どちらかといえば、友達のような軽いノリのカップルの方が断然続くと思います。
いつも恋人のことを考えてしまうお花ちゃんでは相手が重く感じてしまうのです。

恋人がいないときは、恋人の存在を忘れ、好きなことにとことん熱中した方が自分に取ってもいいです。
恋人のことを想えば想うほど相手への期待がどこかで高まっているのです。

相手はうっすらとそれに気づき出して、重く感じるのだと思います。

そして、付き合っていく時に、大学では彼氏としか話さない等の行為はNGです。
私はそれをしていました。

逆に彼氏以外の人とも仲良くなってコミュニケーションを増やし、彼氏に少し嫉妬させるくらいが良いのです。
男は本能で自分より上だと思える女を好きになるのです。
自分ばっか夢中の女は飽きてきたり、周りの目が気になって、いつもこいつと一緒にいるなと思われるのがあまり好きじゃないと思います。

男は見栄を張りたがる生き物なので、友達を大事にする自分を演じたがるのです。
つまり、モテる自分を演じたがるのです。

彼女がある程度の男子と仲良ければ、彼女はモテる=モテる女と付き合っている自分凄いとなるわけです。
現時点で周りを見ても、彼氏だけに熱中して他が見えなくなる女の子はすぐ別れる傾向にあります。

それも毎回の様に彼氏に別れを告げられてしまうのです。

出会いが欲しいなら、大学の外で相手を見つける方法もあります。
大学生に人気の恋活アプリOmiaiなら、真剣に恋人を探している素敵な異性とたくさん出会えます!



関連記事

國學院大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

静岡福祉大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

駒沢大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

法政大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

日本大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

早稲田大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!