琉球大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

私も彼氏も同い年で19歳

出会いのきっかけ

自分は琉球大学に通っているわけでは無かったが、二人とも共通の友人がいたために仲良くなった。

そこから、友人も含めた3人で仲良くなるようになった。
きっかけとしては、たまたま友人と私であるスポーツの観戦に来ているところに、彼がきたこと。

友人が彼に気付き、声を掛け、私も挨拶をしたところが初めての出会いとなった。
それから、3人で行動することが多くなり、一緒にご飯を食べに行ったり、スポーツ観戦をしたり、スポーツをしたりした。

夏休み期間だったので地元が同じ私たちは、大学が違ってもおおくの時間を共有することが出来た。

また共通の趣味があった事で、初対面の人と話すことが苦手な私でも、すんなり話すことが出来るようになった。

どうやってアプローチした(された)?

共通の趣味でバスケットボール、ということがあったので、プロのバスケットボールの試合に誘われたり、時には一緒にバスケットボールをすることに誘われた。

彼はじもとのクラブチームにも所属しているようなバスケットボールの非常にうまい人だったので、彼のバスケットボールを見ることはとても楽しかった。

いまおもえば、それは彼なりのアピールだったのだと思う。
また、自分はそこまでアクティブではないので、バーベキューやハイキングといった外に出ていくようなことはあまりしたことが無かったが、彼は非常に社交的で、明るくて、そういったやったことないことにもたくさん誘ってくれた。

自分に持っていないものを持っている人に私は惹かれていった。

告白はどんな感じでした(された)?

告白は、一緒にバーベキューをしているときに、ストレートにされた。
彼らしく、真っ直ぐ「付き合ってください」と。

付き合った感想

感想としては、非常に明るい人だったので、一緒にいて私も沢山楽しい思いをさせてもらうことが出来ました。
つきあってよかったと思うし、彼が私にくれたものは非常に大きいと思っています。

多くの友達がいて、人間関係を築くことが上手い彼だったので、私を友人に紹介する事も多く、それと同時にわたしの友人の輪も広がっていきました。

いつもデートをするときは、彼が計画を立ててくれて、私はその楽しい計画にのる、という形だったので、とても楽だったし、そんな中でも私の気持ちを尊重してくれる彼に、尊敬の念もありました。
自分にないものを持っている彼だったので、自分には無い良さを感じる場面が本当にたくさんありました。
とても楽しかったです。

彼氏がイケメンと感じた(彼女が美人と感じた)瞬間!

イケメンだと感じたエピソードは2つあります。

まず1つ目が、わたしが重い荷物を持っているときや一緒に買い物をしたときは、必ず率先して荷物を持ってくれるという点です。
私は、一般的な女性に比べて背も高いし、ずっとスポーツをやってきたせいか筋肉もあります。
そんな感じだから、今まで付き合ってきた人にも女の子としてみてもらっているような感じがしなかったのです。
けれども彼は私をいつも気遣ってくれて、本当にうれしかったし、イケメンだと感じました。

2つ目が、ごはんなどを食べに行ったときに、店員さんに対する受け答えが優しく、丁寧であるということです。
そう言った日常生活から垣間見えるやさしさにきゅんと来てしまって、イケメンだと思いました。

付き合うときの注意点

注意点としては、彼に任せすぎないということです。

彼は、一見すると完璧のような感じがしますが、私とのデートの前には非常に色々なプランを考えてきてくれました。
そう言ったプランにのって一緒に楽しむことも大切だけれども、たまには自分から行きたいところを提案してみたり、自分がデートの計画を立ててみたりすることが大切だと思います。

そういう配慮をしないと、デートという行為自体がいつのまにか彼の負担になってしまいます。
実際私は、彼にいつもまかせっきりな部分がありました。

もっと自分の気持ちをはっきり彼にいったり、一緒に考えたりすることが出来れば、彼が負担に感じるようなことはなかったと思います。

そう言った後悔があります。

出会いが欲しいなら、大学の外で相手を見つける方法もあります。
大学生に人気の恋活アプリOmiaiなら、真剣に恋人を探している素敵な異性とたくさん出会えます!



関連記事

沖縄国際大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!