旭川大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

私も彼氏も同じ大学4年生でした。
22歳です。

出会いのきっかけ

私が通っていた大学では、大学に入学し1週間くらい後に宿泊旅行がありました。
そこではゼミ生同士での交流を深めたり、先輩方のお話を聞いたりすることが目的とされていました。
そこで同じゼミの先輩から紹介されたのが彼氏だったのです。

最初は顔も分からず、だだ先輩からメールしてみない?という連絡がきただけだったのです。

しかし私にはその当時彼氏もおらず、素敵な大学生活には彼氏が必要!と思っていたので、断る理由はありませんでした。

先輩にOKの返信をし、しばらくすると彼から連絡がありました。
お互い顔も分からず名前も知りませんでした。
宿泊旅行中にお互いのプロフィールを送り合いました。

いざ会ってみようという話になった時には消灯時間になり、会うことができず、翌日に会うことができたのでした。

どうやってアプローチした(された)?

とにかく引きませんでした。
私は人を好きになると、その人のことに夢中になる傾向があります。

なので、その人のために何をすることは、私にとっては喜びと感じていました。

授業中に取り損なったノートを貸すだとか、1人暮らしの彼に手作り料理を渡すだとかそんなことをしていました。
彼が喜んでくれるかなと思って行動をすることはアプローチにもなるし、自分も嬉しいことだったので苦ではなかったのです。

また、お菓子作りがとってもすきだったことと、彼も甘いものが好きなこともありよくお菓子を手作りで作っていました。

最初は彼には余ったから渡すと言っていたのですが、最後にはきちんと彼のために作って渡すことも一言言って渡していました。

告白はどんな感じでした(された)?

私から彼に告白をしました。

彼の家に直接言って、シンプルに「好きだよ、付き合ってください」と伝えました。

付き合った感想

彼と付き合って思ったことは、想像と少し違うなと思ったことです。
それはいい意味でもあり、悪い意味でもありました。

まずいい意味としては、彼は想像以上に私を支えてくれ、私の言ったことは忘れずに覚えていてくれました。
就職活動で疲れていたら、励ましてくれたり、お酒を飲むとアイスが食べたいんだよねなんて言った何気ない一言を覚えていてくれ、アイスを渡してくれることもあったのです。
そんな些細なこともとても嬉しかったです。

逆に悪い意味では、彼も弱い部分があるのだなということです。
私は友だちとしての彼しか知らず、彼の弱った部分や弱みは知らなかったのです。
そんな部分にギャップを感じながらも、頼りないなとも思う自分がいました。

彼氏がイケメンと感じた(彼女が美人と感じた)瞬間!

彼に初めて会ったとき、こんなにかっこいい人はいない!と思うほど私の中で彼はイケメンでした。
ジャニーズ系の顔がとっても素敵だったのです。

そして横顔が何と言ってもたまりませんでした。

しかしそんな胸の内は自分の中で閉まっていたある日、彼がジュノンボーイコンテストに高校生時代応募していたことが分かったのです。

地区予選のようなものまで合格していたという噂を聞いて、ああ彼をかっこいいなと思っているのは自分だけじゃないんだなと嬉しく思いました。
その当時は噂でしか聞いたことが無く、直接本人には聞けませんでした。

彼にとって恥ずかしい過去だったら聞くことは申し訳ないなと思ったからです。
でも今になってみると聞いておけば良かったなと感じます。

付き合うときの注意点

それは諦めないことです。
付き合うまでもそうですが、付き合ってからも諦めてはいけません。

彼から連絡がない、もうダメかもしれないって思うこともあると思います。
けれど女子が思うほど男性は連絡について気にしてないということを忘れないでほしいです。

連絡がないのは元気に遊んでいる証拠かな?くらい軽く考えることが大切です。
私も若いころは彼一色の世界は幸せだと思っていました。

けれど彼一色の世界は心配事が絶えないのです。
もやもやして終わるよりも彼のことを忘れて自分磨きをする時間や自分も友だちと楽しく過ごし時間をもつといいと感じます。
それは自分を輝かせる原料になるはずです。

彼を追うよりも彼に追われる恋愛を目指す方が人生は有意義だと思います。

出会いが欲しいなら、大学の外で相手を見つける方法もあります。
大学生に人気の恋活アプリOmiaiなら、真剣に恋人を探している素敵な異性とたくさん出会えます!



関連記事

関連記事がありません。