筑波大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

私が22歳、彼女が21歳

出会いのきっかけ

出会いのきっかけは、単純に大学内の部活動でした。
マイナーなスポーツ系(武道)の部活で、同じ時期に入部しました(私の方が1歳上ですが、1年浪人しているので同期です)。

同期は男4人、女9人という比率で、女性の中に1人とびぬけてかわいい子がいたので、男性陣はみんなその子のことが気になっており、私も当時は付き合った彼女のことは気にもとめていませんでした(笑)。

ただ、そのかわいい女性というのは、いわゆる高嶺の花という感じで、どちらかというと、付き合うことになる彼女は、実は人見知りらしいんですけど、外面的には誰とでもがんばって話そうとするという子で、私としても気軽に話せるちょうどいい子だなという感じでしたね。
二年間ほどはただの気軽に話せる同期の一人という感じでした。

うちの部活では3年になると、幹部という役職につきます。
いわゆる運営ですね。
定期的に幹部のメンバーでファミレスなどに集まってスケジュールを決めたり部活の方針を決めたりしてました。

そういった中で、彼女は真面目にものを考えるし、気の利くいい子だなと気づき始めました。

どうやってアプローチした(された)?

気づけば好きになり、アプローチし始めました。

私は、いきなりデートに誘うえるというタイプの人間ではないので、何かと理由を付けてはごはんだったりに誘っていました。
例えば、パンケーキのお店に行ってみたいんだけど、男は入りづらいから一緒に行ってほしいと誘ったり、部活のことについて相談したいからお昼に行こうと誘ったり、彼女は車を持っておらず自分は持っているので、車がないといけない場所に行きたがっていたらじゃあ私が連れて行ってあげるよ、といった感じです。

そういったことを2ヶ月重ねていたのですが、転機がありまして、私が同じ学部の別の女性に告白されたんですね。
私としてはもちろん彼女と心に決めていたのですが、彼女にちょっと相談してみたのです。

そうしたら、ちょっと不機嫌な感じで「ほかに気になる人がいないならいいんじゃないの」と言われました。
私はおっと思い、そのままの勢いで、実は○○(彼女)が気になってるんだよね、と言ってしまいました。

もしよければ二人でデートにでもと誘い、OKをもらいました。

告白はどんな感じでした(された)?

誘ってから2週間後の日曜日にデートすることになりました。
行先は県の北の方にある、車で1時間ちょっとの大洗です。

私としては、いわゆるちゃんとしたデートは初めてでしたので、前日に下見に行きました(笑)。
デート自体は下見のかいあって成功、告白は、もし失敗した時に車で気まずくなるのでつくばに帰ってきてから彼女の家の駐車場の車の中でしました。

たしか「この前、○○が気になっているって言ったけど、今日1日一緒に過ごして分かった。やっぱり好きみたいだ。よければ付き合ってください」という感じで行ったと思います。

そうしたら彼女は、とても恥ずかしそうに、髪で顔を隠しながら、「いいですよ」と言ってくれました。

付き合った感想

私としては初めての彼女だったので、あらゆることが新鮮でした。

今までは何とも思っていなかったクリスマスなどのイベントは、一大行事に変わりましたし、普段の服装にもとても気を遣うようになりました。
ただの買い物でも、隣に彼女がいると楽しく、ああこれが付き合うということかと不思議な、満足した気持ちになったのを覚えています。

ただ一つ、部活への影響は間違いなくありましたね。
付き合い始めは部活中も彼女のことが気になって集中できなかったです。
男と話すもんなら内容が気になって仕方なかったですし。

付き合ってそれなりに経っても、やはり無視はできない存在なので、いい影響も悪い影響もありました。

周りの人にも気を遣わせることもあったでしょうし。

彼氏がイケメンと感じた(彼女が美人と感じた)瞬間!

美人というと少し違いますが、やはり自分が弱った時というのは、彼女がとても頼もしく?なりますね。
自分が風邪をひいてしまったときに、心配を掛けないように彼女には言わずに家で寝ていたのですが、部活が一緒だったので伝わったのでしょう。
ひとしきりの食料や風邪薬などなどを買い込んで家に来てくれた時はとても嬉しかったです。

ありきたりかもしれませんが、こういう時っていうのは彼女がいて本当によかったなあと思いますね。

あとは、彼女は割と人見知りで、1対1では気さくでも、人前ではそんなにはっきりと言えないタイプなのですが、部活で後輩が何かまずいことをしたときなどにビシッと言っているのをみると、おお、こういう面もあるのかと思いました。
付き合う前は全然気づかなったんですけど、付き合ってみると変わりますね。

付き合うときの注意点

付き合ってみて感じたことですが、女性が相談や愚痴ってきたときほど共感が大事な場面ってないなと思います。

彼氏に相談してくるときって、具体的な結論だったり解決策って求めてないんですね。
これはこうした方がよかったんじゃない?っていうと、なんかつまらなそうにもういいやって言われるんです。

ある時、試しに自分もトーンをあげて、それはひどい、大変だったね、みたいに大げさに相槌をうったら、彼女もヒートアップしてきて、あれやこれやと愚痴り、あーすっきりした、ありがとうと言われました(笑)。
やっぱり男と女って違うなと思いました。

それから、相手が気にしてることって、冗談でも言ってはダメですね。
彼女は割と身長が小さく、私としてはそこもかわいいと思っていて、冗談でその辺をいじってしまったのですが、ちょっと嫌な思いをさせてしまったように思います。

私の配慮が足らなかったなと反省しました。

出会いが欲しいなら、大学の外で相手を見つける方法もあります。
大学生に人気の恋活アプリOmiaiなら、真剣に恋人を探している素敵な異性とたくさん出会えます!



関連記事

流通経済大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

東京工科大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

東京工科大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

津田塾大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

聖学院大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

中央学院大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!