桃山学院大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

私(男性)の年齢は当時24歳
彼女(女性)の年齢は19歳

出会いのきっかけ

私と彼女の出会いのキッカケはゲームセンターです。
当時のゲームセンターは音ゲー全盛時代で、ビートマニア、ポップンミュージック、太鼓の達人、ダンスダンスレボリューション、こういった自宅では楽しめないゲーム目的で近くのゲームセンターに通ってました。

私は社会人でしたが、隔日勤務だったので平日でも暇な日はゲームセンターに行ってました。
彼女と知り合ったのは、私行き着けのゲームセンターにアルバイトをしてきたんです。

彼女の勤務時間は大体夕方17時~22時、平日や学校フリーの日は朝から夕方まで勤務してました。
私は常連なので他のスタッフとも話をしますし、彼女もその常連の輪に加わってきたのでよく話しをするようになったっていうのがキッカケです。

どうやってアプローチした(された)?

アプローチは彼女からでした。
私は社会人ですし車でゲームセンターに通っていたんですが、彼女はゲームセンターまで自転車で通勤してたんです。
彼女は平日の勤務は遅番で22時上がりです。

女性が夜道を自転車で帰るっていうのは防犯的な問題もありますし、彼女から私の自転車なら車に積めるし送ってよって言われました。
言われてみれば結構キケンだなって思いましたし、この頃には彼女ともよく話しをする仲になってたので送りました。

一度送ってしまうと習慣のようになってしまい、彼女が遅番勤務の時に私がゲームセンターにいてるなら大抵送る、こういう図式になってました。
そのうち送る時にラーメンを食べにいくようになったり、ドライブしてから自宅に送り届けるようになり、彼女との距離を縮められました。

告白はどんな感じでした(された)?

告白は彼女を送っていく時です。
彼女を送るのは遅番の時だけだったんですが、ある時夕方17時上がりの時にも送ってって言われました。
この頃は送るのが習慣になってましたし、晩御飯食べがてら送ろうって流れになりました。

食事を終えて彼女を送り届ける時に、今日は両親には遅番って伝えてあるからすぐ帰らなくても良いんだ、22時過ぎまで時間あるから一緒にいて欲しいと言われました。
ここで彼女から送ってもらうのが助かるからお願いしてるんじゃなく、一緒にいてるからお願いしてる、付き合って欲しいと告白されました。

付き合った感想

彼女はゲームセンターでアルバイトをするだけあって、ゲームへの理解がありました。
彼女自身ゲームもしますし、一緒の趣味を理解してくれていたのでとても良かったですね。

デートでゲームセンターに行く時はさすがにいつも行ってるところは避けましたが、一緒にゲームセンターで遊んでもらえるのはとてもよかったです。

あと、彼女は大学生なので時間的に余裕があったのも良かったです。
私は隔日勤務なので普通の社会人より時間はある方だとは思いますが、彼女は大学生なので時間があるんです。
といっても週3.4日でバイトをしていたので、デート自体は週1.日ぐらいでしたが彼女のバイト中にも顔を見ることが出来たのが良かったですね。

デート中のお金や食事代はほとんど私が出していましたが、出してもらって当然って態度ではなく毎回いつもご馳走になってありがとうって感じでお礼を言ってくれました。

付き合うキッカケとなった彼女を自宅に送る時も、毎回丁寧にお礼をしてもらいました。
なので私も嫌な印象を持たず彼女と付き合う気になったんでしょうね。
トータルとして大学生の彼女と一緒にいてるのはとても楽しかったです。

彼氏がイケメンと感じた(彼女が美人と感じた)瞬間!

彼女がカッコイイと感じたのは、ゲームをしてる時です。
私は音ゲーが大好きだったんですが、唯一苦手なものがありました。それはキーボードマニアです。

ビートマニアって5ボタンとスクラッチ、ポップンでも9ボタンです。キーボードマニアってキーボードそのままなので、ピアノ経験のない私からするととても難しかったんです。
実際にやろうとしたからこそわかることなんですが、この超難易度のキーボードマニアを彼女はプレイできるんです。当然私よりもはるかに上手な腕前でです。

彼女は中学高校とブラスバンド部に入っていたり、子供の頃からピアノを習っていたりと楽器の扱いやリズム感がものすごく良いんです。
ピアノは習ってたのもあるんでしょうが、ゲームセンター常連の強者達よりも彼女の方が上手なんですからビックリしました。

そのうちキーボードマニアのダブルプレイもしだしたんです。
私からすると神の領域なんですが、彼女からするとピアノはこれが普通だし、むしろこっちの方がやりやすいといって平然とこなしてるんです。

これには私も参りましたし、私と彼女が付き合ってると周囲の男性も知ってるのに彼女へのアプローチが半端なく多くなりました。
私の贔屓目ではなく、他の男性からも彼女はかっこよく見えるんだなってこの時感じました。

付き合うときの注意点

私の彼女は大学生とはいえ、実家暮らしでした。
ですので大学生とはいえ彼女には門限があり、帰宅時間にものすごく注意しました。
ゆっくり会いたいって日は彼女に今日はバイトがあるから遅くなると両親に言っておいてもらってデートをしてました。

平日は彼女も学校があるので、大体バイト先のゲームセンターで顔をあわせるだけです。
バイトを終えてから彼女を自宅に送り届けるまで話とかは出来ますが、毎回どこかに寄るってわけにもいかず大体バイト先から彼女自宅まで直行してました。

こういう日は5分しか一緒にいられないってこともあり、とにかく時間には注意しました。

あとは彼女がおしゃべりな点ですね。
色んなことを経験してる女性ならお喋りの加減もわかるんでしょうが、彼女は大学生に成り立てでした。

男性経験も私しかないですし、デート内容とか周囲にベラベラ喋ってしまうんです。
出来るだけ二人だけのことをは周囲に漏らさないようにって伝えてはいたんですが、彼女の口の軽さにはほんと注意しました。


出会いが欲しいなら、大学の外で相手を見つける方法もあります。
大学生に人気の恋活アプリOmiaiなら、真剣に恋人を探している素敵な異性とたくさん出会えます!



関連記事

フェリス女学院大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

奈良女子大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

四天王寺大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

神戸学院大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

京都女子大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

関西大学の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!