愛媛大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

私が18歳、彼が18歳です。

2年間お付き合いしました。

出会いのきっかけ

出会いのきっかけは、当時流行していたSNSでした。
合格した大学の名前でコミュニティを検索すると新入生専用のコミュニティが見つかり、早くに気の合う友達を作りたかった私はすぐにコミュニティに入会しました。

そこに簡単な自己紹介を書き込むと、同じ学科に入学予定の人はもちろん、他の学科の人からも趣味の合いそうな人から友達申請が来ました。
その中の1人が、半年後に付き合うことになる彼でした。

友達申請を承認した後は、趣味が合うこともありコミュニティではなくSNSのメールでよくやりとりをするようになりました。
入学後、彼は出身が遠方な上に学科が違うこともあり一度も会ったことはありませんでした。

しかし、友達になった人の中でも彼は早いうちに気の合うコメントを返してくれることもあり、私の中でどんどん大きな存在になっていきました。

どうやってアプローチした(された)?

アプローチはSNS内でのメールでされました。

私には当時高校時代から付き合っている、遠距離恋愛中の2つ上の先輩がいました。
しかし、先輩とはお互い新生活で忙しく連絡がすれ違うようになっていました。

そしてある日、彼とメールのやりとりをしている時にそのことを少し話しました。
語尾にかわいい絵文字をつけて、内容が重くなりすぎないように気を付けて彼に送信しました。

それまで当時流行っていた曲のことで楽しく盛り上がっていたので、あまり気を遣わせてはいけない、しかしとにかく誰かに吐き出してしまいたかったのです。

すると彼からこのような返信が来ました。
「俺ならそんな寂しい思いさせなくて済むのに。」

今まで友達として付き合っていたことに加え、一度も会ったことがない彼のこの言葉に私は心を揺さぶられました。

告白はどんな感じでした(された)?

アプローチを受けてから、次の日の授業が全て終わった後で彼と校内の食堂で会うことになりました。
毎日のようにSNSで連絡を取り合い、同じ学校の人と頭ではわかっているもののとても緊張しました。

SNS上でメールのやりとりをしながら、彼が初めて私の前に現れる瞬間を待ちました。

「どこに座ってる?」

「窓際の真ん中の席、黒いTシャツに赤いチェックのスカート履いてるのが私」

そして、彼がやってきました。
お互い顔を真っ赤にしながら、とりとめもない話をしました。

そしてしばらくしてお互い話題に困り沈黙していると、彼が口を開きました。

「やっぱり俺、好きだわ。先輩と別れて俺と付き合って。」

私は会えない先輩よりもすぐに会える彼を優先して告白を承諾し、彼との付き合いが始まりました。

付き合った感想

私は地元、彼は関東からこちらに下宿しているということで、よく市内の観光地へとデートに行きました。
私は地元であることもあってか、あまり観光地へは行ったことがありませんでした。

しかし彼にとっては遠方でなかなか来られない地です。
お互いに新鮮で、恋人同士で観光スポットで思い出作りをするということがとてもロマンチックに思えました。

どこに行っても、お揃いのお土産物を買いそれを勲章のように学校に持っていく鞄につけていました。
友達にはすごくからかわれましたが、当時は彼氏とどこかに遊びに行き、お揃いの物を持つということが誇りの一つだったのです。

また、付き合った記念日や誕生日には彼の自宅に呼ばれ、いつも一緒にケーキを食べたり、プレゼントを贈り合っていました。
サプライズ好きな彼氏で、とても楽しい時を過ごせました。

彼氏がイケメンと感じた(彼女が美人と感じた)瞬間!

SNS上でのちょっとした誤解から、彼氏の友達から嫌味を言われるようになった時期がありました。
私が興味本位で入っていたコミュニティの名前が彼らには気に食わなかったようで、誤解だと言っても聞き入れてもらえず言われのないことを言いふらされとても辛い時期がありました。

彼に迷惑をかけてはいけないと思っていましたが、とうとう嫌味がいじめの域に達し、彼氏に全てを話しました。
そして次の日、彼氏が校内で私と彼氏の友達を呼び出しきっぱりとこう言い放ちました。

「女一人に面白いおもちゃ見つけたガキみたいな事するな!人の話も聞かずにそういうことを続けるお前達とは友達でいたくない!」

本当にイケメンと感じました。
私も誤解されるようなことをしなければよかったのですが、穏やかな彼の一面が見られたのは嬉しかったです。

最も印象的なエピソード

“彼氏と付き合っていたある日から一時期、メールをしてもあまり返してくれず、学校に行っても会えない日が続きました。

最初は試験期間と被っており、彼の学科の試験は他の学科の試験期間よりも長く取っていた授業量が多いことも知っていたのであまり気にしないようにしていました。

しかし、試験が終わって一ヶ月経ってもその状態が続き、私の頭の中は混乱していきました。

彼氏の気に障るようなことをしてしまったのだろうか、嫌われてしまったのだろうかという考えでいっぱいでした。

そしてある日、彼氏から家に来て欲しいと呼び出しがありました。

「ああ、きっと別れ話だ…」と思いながら、重い足取りで彼の家に向かいました。

しかし私を待っていたのは、別れ話ではありませんでした。

「これ、ピアスの穴が安定したらつけてよ」

そう言われて渡されたのは、小ぶりのハートのピアスでした。

緊張の糸が切れて、子供のように彼の胸の中で泣きました。

連絡があまり取れなかったのは、このピアスを買うためにバイトを増やしていたからだったのです。

彼からの一番のサプライズでした。

付き合うときの注意点

私の彼氏の場合は他県出身だったこともありますが、聞き慣れない方言を聞いても「何それ?」とは言わないことです。
「それってどういう意味になるの?教えて!」と好奇心旺盛という口調で聞くのがおすすめです。

また、学科によって実験が忙しかったり、レポートがたくさん出たりとかなり環境が変わるので絶対に鬼のように連絡をしないことです。
彼氏と私の場合は、彼氏が実験が忙しい学科で私が実験等はなくレポートもそこそこという学科でした。

最初のうちは「まだ学校?」「どこにいるの?」等とメールを打っては険悪になっていましたが、一度その件で大喧嘩に発展してからは私はどっしりと構えるように心がけました。
彼の実験が終わり、連絡をしてくるまでじっくり自分一人の時間を楽しむようになってからは喧嘩が激減しました。


出会いが欲しいなら、大学の外で相手を見つける方法もあります。
大学生に人気の恋活アプリOmiaiなら、真剣に恋人を探している素敵な異性とたくさん出会えます!



関連記事

松山大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

徳島大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

愛媛大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

高知大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!