首都大学東京の美人の彼女がほしい!出会い方と付き合う注意点!

付き合っていた当時のあなたと彼氏(彼女)の年齢

僕が一つ上の20歳で彼女が19歳でした。

出会いのきっかけ

僕はサークル棟を管理する団体に所属していて、彼女は印刷物を発行する文化部に所属していました。
サークル棟に設置されている印刷機を使うには僕の所属してい団体の許可が必要なので、彼女が印刷機を使用する際に接点ができました。

初めはそれほど可愛い女の子だと思わなかったのですが、何気ない事務的な会話から趣味や大学の話など、プライベートな内容に突っ込んだ会話をしていると、彼女の明るさや優しさが垣間見えてきて、徐々に心が惹かれるようになりました。

それから、連絡先を僕から交換してくれないかと申し出て、ラインやメールのやり取り、電話などを通じて仲を深めていきました。
僕の他にも、同じような経緯でカップルになった先輩もいて、様々なサークルとの接点があるうちの団体はその点でちょっとオトクなのかなと思います。

どうやってアプローチした(された)?

その子の所属するサークルで発行している冊子は主に小説を載せているもので、その子も本が好きでそのサークルに入ったようでした。
僕も頻繁にとはいいませんが小説を読む方だったので、最近読んだ小説や、好きな作家についてネタを振ると、彼女は喜んで話に乗ってくれました。

それから、おすすめの本を紹介し合う過程で一緒に本屋へちょっとしたデートに出かけたり、そこから小説原作の映画を見に行ったりと、時たま一緒に遊びに行けるようになりました。

彼女は彼女で、あまり男女の区別をせずに人と接する子で、会話の際の距離が近かったり、ボディタッチが頻繁だったりと、付き合った今となって聞いてみるとちょくちょくアプローチをかけていたらしいです。

小説みたいな恋愛がしてみたい、と頻繁に口にしていたので、どうにかそういう演出を考えてみたのですが、それについてはあまりうまくいきませんでした(笑)

告白はどんな感じでした(された)?

彼女が度々口にする「小説みたいな恋愛」を意識して、彼女から借りた小説に「◯◯時に△△へ来てください。大事な話があります」と書いた手紙を添えて返却し、待ち合わせました。

そうしたら僕の書き方が曖昧すぎたせいで、待ち合わせ場所でうまく会えず、予定時刻から30分も過ぎたことにようやく巡り会えました。
あのときは自分も変なこだわりを持ってしまって、携帯の電源を切り、手紙だけで待ち合わせて会う!と意気込んでいたため、いま思うと完全に空回りでしたね。

でも、会えた後に気持ちを伝えると彼女も喜んでOKしてくれて、そこまで失敗しなくて本当に良かったと思います。

付き合った感想

付き合ってみると、当たり前の話かもしれませんが彼女の距離は前よりずいぶんと近くなりました。
お互いの家にも行くようになり、一緒に借りてきた映画を観たり、ときには彼女の書いている小説を読ませてもらったりもしています。

ここが普通の女の子より少し変わっているところだと思うのですが、彼女は自分の書く小説に対してすごく真面目で、僕が当たり障りない感想を述べるとむすっとします。
書いた本人を目の前にして厳しいことは言いづらいので、そんな感想でお茶を濁したのですが、彼女曰く「はっきりと思ったことを言って欲しい」らしいです。

一度注意されてからは、僕もなるべく具体的に、かつ褒めるところを褒め、良くないと思ったところは素直に良くないと伝えるようにしました。
彼女はその辺についてもとっても真面目で、僕が良くないと言ったところはいくら自分で良いと思ったところでもしっかりと反省し書き直していました。

そんな小説に対しては真面目な彼女でも、普段は優しくてたまに寂しいときは甘えてくれるかわいいところもあり、そのギャップが個人的にはとても好きです。

彼氏がイケメンと感じた(彼女が美人と感じた)瞬間!

彼女は大学でも文系の文学を扱った学科(文学部とは少し違うようです)に所属していて、研究テーマも古典文学に関することらしいです。
小説はそこそこ好きでもそこまで込み入った話は知らない僕にとっては、図書館や本屋で彼女が「この本は~」とすらすら滑らかに解説してくれるところがすごくかっこよく感じられます。

また、そんなかっこいい一面を持ちながら、抜けてるところもあって、彼女の手料理は時折とんでもない失敗をします。
前には味噌汁を作っていたのに、味噌を入れ忘れてお湯で似た大根やらじゃがいもを出されたことがあります。
「考え事をしててぼーっとしてたのー」と言ってましたが正直わざとなんじゃないかと思ってます(笑)

ただ、彼女が一度なにかについて考え込むとそのときの集中力は確かに凄まじいもので、そういう入れ忘れもあるのかもしれないなとは思えるほどです。
そういう彼女がなんでもないときにいきなり抱きついてきて「寂しくなった」とかぼそっと呟いてくるときはとってもかわいいですね。

付き合うときの注意点

自分も体験しましたが、サークル内でひやかされるところですかね。
先輩にも似たような経緯で付き合った人がいてその人も随分とサークルのメンバーにひやかされていました。

僕も彼女と彼女のサークルの人たちが印刷機を使おうと部室に訪れてくるとにやにや顔でひやかされたものです。
その他としては、ごく個人的なことになりますが、僕は理系で彼女は文系だったため授業の合間に会うということが難しい点でしょうか。

うちの大学は理系棟と文系棟がかなり離れていて、入学したての頃に受講する分離共通の授業を取り終えるとほとんど授業で会うようなことはありません。
その分、授業のない時間にサークル棟で会うことは出来るので、その辺はあまり問題はないのですけどね。


出会いが欲しいなら、大学の外で相手を見つける方法もあります。
大学生に人気の恋活アプリOmiaiなら、真剣に恋人を探している素敵な異性とたくさん出会えます!



関連記事

立正大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

静岡福祉大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

國學院大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

日本体育大学(日体大)のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

立教大学のイケメン彼氏がほしい!出会い方と付き合う注意点!

早稲田大学卒の男性と結婚したい!高学歴男性と付き合うときの注意点!